経営お役立ち小冊子プレゼント│新宿区の税理士 武内公認会計士事務所

武内公認会計士事務所 〒160-0004 東京都新宿区四谷1-15 アーバンビルサカス8 A棟2階 TEL03-5379-1022

経営お役立ち小冊子プレゼント

中小会社のサクセスス卜ーリー

ビジョンを持ち、戦略を考え、組織を整備し人を活かし、組織を動かす

目次

■夢を見よう!!(ビジョン)
■運を味方にしよう ! !(開運)
■現状を把握しよう!!(現状の分析)

1.過去・現在・未来 / 2.製品等のライフサイクル / 3.SWOT分析
■ビジョンを打出そう!!(ビジョン経営)
1. ビジョンの構築
■戦略的思考方法で考えよう!!(思考方法の習得)
■戦略を立てよう!!(環境変化に対応)

1.中小会社の戦略 / 2.弱者の戦略 / 3.製・商品の差別化 / 4.経営資源の配分
■ビジョンを具体化しよう!!(経営計画)
1.行動計画 / 2.資金計画 / 3.損益計画 / 4.営業キャッシュフロ一 / 5.貸借対照表計画 / 6.主要な経営指標
■組織を整備しよう!!(組織の活性化)
1.良好な循環 / 2.個を活かす
■リーダーシップを発揮しよう!!(経営者の心得)
■共有資料を揃えよう!!(管理の道具)

1.行動予定表 / 2.月次損益予測 / 3.資金繰り予定表
■改善する組織になろう!! (PDCA)

<掲載記事例>
■共有資料を揃えよう!!(管理の道具)
組織を活性化するには、メンバー共有の土俵(管理資料)が必要である。 中小会社で最低必要な共有資料は、
「行動予定・進渉表」「月次損益予測」「資金繰り予定表」

1.行動予定・進陟表

2.損益予測
当初予算は、最低必達目標。進行月の実績と決算までの予測を合計(予実計)し、当初予算を達成できるかどうかを見極める。
予測は当初予算を基に今後見込まれる修正があれば、修正し、進行月現在の情報を加味し決算を予測する。
予実計(決算予測)を見て、当初予算逢成には期中に何をすべきかを迅速に挨討し行動が遅れないような情報に する。理由ある予算差異は評価する。

3.資金繰り予定表
資金の概念は、現預金。
その他収支には、銀行借人金等の財務収支と設備投資等の収支を記載。中小企業においては、簡潔さが大事。 資金繰りの確認は必要。資金繰りの予定に問題がなければ、短時間で検討を終了する。

▲ページの先頭へ戻る