相続税 対策 港区

相続税 対策 港区


港区で相続税の対策をお考えの方へ。相続は通常、まず相続財産をどう分けるかという話があって、次に税金の話があります。税金を安くする対策案はたくさんありますが、それによって不仲になる場合もあります。税金が多少増えてもみんなが仲良くできる方がいいという場合もあります。みんながそうして下さいという時もありますし、税金を安くしてくださいという時もあるのです。相続税 対策 港区

例えば、亡くなった親御さんが戦前に取得した土地・建物が1つあり、分けるものがそれしかない時に、売却しようということになったとしましょう。その家には相続人の1人が住んでいました。相続税はかかりませんが、みんなに分けるために売却しなければなりません。港区で相続税の対策をお考えの方も参考にしてみて下さい。

相続人が3人(A・B・C)いたとして、その中の1人・Aさんはその土地・建物に住んでいますが、あとのBさん・Cさんは住んでいない時、売却時には住んでいるAさんは居住用の3000万円控除の特例が適用されますが、住んでいないBさん・Cさんには適用されないので税金が発生してしまいます。これを元に譲渡所得税が計算されます。

そういう場合には、相続人全員で協議して分割協議書を作成することにより、税務上有利な解決方法があります。例えば、この土地・建物に住んでいるAさんがこの土地・建物をすべて相続し、その代わりに代償分割といって、Bさん・Cさんに土地・建物を相続しなかったことに対する相続分を代わりに金銭で支払うことにするのです。

当事務所では、東京の新宿区、千代田区、渋谷区、中央区を中心に、御茶ノ水、麹町、四ツ谷、市ヶ谷、新宿、水道橋、赤坂、飯田橋、九段下、港区、四谷、渋谷、青山、代々木、半蔵門などのお客様の相続税の対策や計算のご相談をを承っております。港区で相続税の対策をお考えの方も、まずは一度ご相談下さい。お問合せはこちらから

東京都新宿区四谷1-15 アーバーンビルサカス8 A棟2階 TELL 03-5379-1022
武内公認会計士事務所(税理士・公認会計士)

相続税 対策 港区

▲ 相続税 対策 港区 先頭へ戻る