不動産 相続 中央区

不動産 相続 中央区


中央区ででお悩みの方へ。当事務所で担当した不動産相続の相談事例でうまくいったエピソードをご紹介します。

東京23区内で、1階が店舗、上階が自宅になっているマンションで、薬局を経営していた高橋さん(仮名)家族のケースです。父親の勲さんは既に亡くなっており、母親の和子さんと息子の靖さんが薬局を営んでいましたが、母親の和子さんと靖さんの親子関係は悪く、和子さんと仲の良い姉の道代さんはすでに嫁いでいました。そんななか、和子さんが亡くなり、姉弟に相続が発生しました。大きな財産は不動産である、店舗と自宅が入ったマンションのみです。和子さんの遺言には「財産は半分ずつ」と書かれてありましたが、財産を半分にするには、この物件を売らなければなりませんでした。

不動産 相続 中央区

けれども靖さんには「長くやっている薬局を続けたい。営業し生業としているので売りたくないという」希望がありました。結局、家付きの店舗マンションを売り、新たに別の地で新店舗を開店させました。靖さんは、和子さんが亡くなった直後から相続税申告のあたりまでは散々親の悪口をいっていたのですが、1年後に再会したところ、前年の時とはまるで別人のようなやわらかい表情で温和な顔になっていました。「母親と死別し、惜別の思いで育った土地を離れた。新天地で店を始め、おなじみさんも少なく多少不安ではあったが、ようやく店も軌道に乗ってきた。これは親が遺してくれたお金があったからできたことだ。今は親に感謝している」とおっしゃっていました。中央区ででお悩みの方も参考にしてみて下さい。

当事務所では、東京の新宿区、千代田区、渋谷区、中央区を中心に、御茶ノ水、麹町、四ツ谷、市ヶ谷、新宿、水道橋、赤坂、飯田橋、九段下、港区、四谷、渋谷、青山、代々木、半蔵門などのお客様の不動産の相続や相続対策の方法に関するご相談を承っております。中央区ででお悩みの方も、まずは一度ご相談下さい。お問合せはこちらから

東京都新宿区四谷1-15 アーバーンビルサカス8 A棟2階 TELL 03-5379-1022
武内公認会計士事務所(税理士・公認会計士)

不動産 相続 中央区

▲ 不動産 相続 中央区 先頭へ戻る