相続 生前贈与分

相続 生前贈与分


相続の生前贈与分でお悩みの方へ。相続続発生(被相続人の死亡)から申告・納税までの各種手続きは以下の通りです。
1.被相続にの死亡(相続発生)
・死亡届の提出や遺言の開封

2.通夜・葬儀
・死因贈与契約書の有無の確認
・相続人の確認(被相続人と相続人の本籍地から戸籍謄本を取得する)

3.四十九日法要
・財産と債務の概要把握
・相続or限定承認or放棄を決める

4.相続放棄・限定承認(相続開始から3カ月以内)

5.所得税、消費税の準確定申告と納付(相続開始から4ヶ月以内)

6.財産・債務の決定
・遺言書の確認と名義変更(遺言が相続人の遺留分を侵害しているときは、相続開始から1年以内であれば遺留分の減殺請求ができる)
・納税資金計画書の作成

7.相続の計算・申告書作成
・遺産分割協議書の作成

8.納税資金の準備

9.相続税の申告と納付
・延納や物納の申請は申告と同時に行う

10.遺産の名義変更手続き

平成27年の税制改正で、相続税は、基礎控除の引き下げ、相続税の税率強化、死亡保険金の非課税限度額の制限、未成年者控除額及び障碍者控除額の引き上げが、贈与税では相続時精算課税の対象者拡大がありました。
※死亡保険金の非課税限度額の制限は、対象者が法定相続人のうち、未成年者、障碍者、相続開始直前に被相続人と生計を一にしていたもの(配偶者など)に限定されることになりました。

相続 生前贈与分

税理士と公認会計士の資格を所有している武内公認会計士事務所では、企業の税務に関すること・経営の支援・個人向けの資産形成や相続対策などのさまざまなサービスをご提供しています。相続の生前贈与をお考えの方、相続のアドバイザーをお探しの方、現金や不動産、株、持ち家、建物の相続や納税、贈与税でお悩みの方、兄弟や親、孫、配偶者、法定相続人、養子、祖父母の相続でお悩みの方、400万、500万円、700万、1000万円、3000万円、2000万、6000万、7000万、8000万、15億といった規模の相続でお悩みの方、まずは一度ご相談下さい。相続の生前贈与分でお悩みの方も是非どうぞ。

相続 生前贈与分

▲ 相続 生前贈与分 先頭へ戻る