相続 売却 税金

相続 売却 税金


相続の売却による税金でお悩みの方へ。人が亡くなったとき、その人の財産は相続人、または遺言で指定された人に分配されるのが一般的です。相続税は、その分配された財産にかかる税金です。相続税は、遺産から葬式にかかった費用、非課税となる財産、借入金などの債務を差し引いた正味の遺産額から「基礎控除額」をひいた課税遺産総額を元に計算されます。正味の遺産額が基礎控除額以下なら相続税はかかりません。

遺産総額には、現金・預金、土地、建物、有価証券、事業用財産(機械、商品、売掛など)、家庭用財産(家具、美術品、貸付金、借地権)などがあります。一部の非課税財産を除いて、ほとんどの財産が相続税の対象になります。

非課税資産には、生命保険金・死亡退職金の一部、墓所、仏壇、公共事業用財産、国等に寄付した財産などがあります。基礎控除とは相続税を課税する最低ラインを定めている限度額のことです。現在は、5000万円+(1,000万円×法定相続人数)です。平成27年1月1日以降の相続または遺贈により取得する財産に係る相続税より基礎控除額は引き下げとなり、3,000万円+(600万円×法定相続人数)となります。

相続 売却 税金

配偶者控除は、配偶者が取得する財産が1億6千万円までなら納める必要はありません。ただし自動的に相続税が0になるのではなく、きちんと手続きを取らなくてはなりません。その他控除には、贈与税額控除(3年以内に贈与税を払っている場合)、未成年者控除(20歳未満の法定相続人)、障害者控除(障碍者である法定相続人)、相次相続控除(今回亡くなった方が10年以内に相続税を払っている場合)、外国税額控除(海外で相続税を払った場合)などがあります。

親子や妻、兄弟での相続のもめごとでお悩みの方、相続の確定申告や計算、不動産取得税、持分、固定資産税、所得税、法定相続分、非課税財産、青色申告、準確定申告、遺留分でお悩みの方、600万、1000万、3000万、5000万円、7000万円、8000万、9000万円、1億、5億といった規模での相続でお悩みの方、まずは一度ご相談下さい。相続の売却による税金でお悩みの方も是非どうぞ。

相続 売却 税金

▲ 相続 売却 税金 先頭へ戻る