遺産相続 300万

遺産相続 300万


300万の遺産相続でお悩みの方へ。誰にどれだけ財産を残すかを決めるのは、なくなる方本人で、その意思は遺言書に書かれます。遺言書がある場合は、遺言書にしたがって相続割合を決めます。公正証書遺言や、自筆証書遺言書等、法的効果の確認が必要です。民法で規定されている法定相続分通りにわけなければならないわけではありません。

遺言書が無い場合には、相続人が集まって話し合いで遺産相続の配分を決める遺産分割協議が必要となります。多数決ではなく、相続人全員の同意が必要で、全員が納得し、幸せになれるような相続をしましょう。

全員一致で話がまとまったら、相続人全員の自署と実印による押印のある遺産分割協議書を作成します。遺言書通りに財産を遺贈することができますが、残された家族はどうなるのでしょうか?民法で保障されている、残された家族(相続人)が最低限相続できる財産を遺留分と言います。仮に遺言書に親族ではない人に全財産を遺贈するとあっても、遺留分として、配偶者に1/4、長男長女合わせて1/4(相続人全員で財産の1/2)を取り戻すことができます。

遺産相続 300万

実際に税金のことだけ考えると、1次相続は、配偶者がほとんど財産を取得するケースが多いため、1次相続税よりも、2次相続時の相続税の負担が大きくなる可能性が高いです。そこで、1次、2次相続合わせて経済的に最も合理的な分割シミュレーション、そして、相続対策のための贈与を行うにあたり、どのあたりまで暦年贈与を行えば良いのか、試算のシミュレーションを行い、計画的に行うことが望ましいです。

相続の時に一番大事なのは心の問題だと思います。それを納得してもらうために財産の話があるのです。財産分けの話は、本当は愛情分けだと思うのです。子供や夫婦、夫、親、孫、兄、養子などへの遺産相続の配分、分け方、割合でお悩みの方、遺産相続による所得税、節税対策、贈与税、確定申告、配偶者控除、固定資産税、分割方法、名義変更手続き、不動産売却による税金でお悩みの方、300万、500万、2000万、4000万、5000万規模での遺産相続でお悩みの方、まずは一度ご相談下さい。300万の遺産相続でお悩みの方も是非どうぞ。

遺産相続 300万

▲ 遺産相続 300万 先頭へ戻る